いきなりやってくる4バース!

ronka-ta-

最近、よくバースしましょう〜!っと皆さんに喋ってることがあります。

『ん?バースって?』

とまぁこんな感じで、唐突にバースと言われてもよくわからなかったりします。

ジャズ系やブルースでもソロを弾くのはギターや鍵盤、管楽器ばかりになるので

どうしてもドラムの人が目立てない!

 

そんな時にドラムと4小節ずつの4バースをすると曲がかっこよくなりますし

メリハリもつきます!たまにポップスでも4バースをしているシーンを見かけたりします。

 

昔僕が作った曲で4バースをドラムとベースでしている音源があったので参考にどうぞ〜♪

こんな感じでドラムがソロして ベースがソロをとったり

またはドラムがソロしてそのあと ギター。ドラムソロ。ピアノソロ。(みんな4小節ずつ)

などなど。。打ち合わせをして順番を決めれば多彩な組み合わせが可能です♪

ちなみに、4バースで各楽器がソロをしている間も曲のコード進行は進んでいるので

迷子にならないようにしないといけません。

 

ドラムが4小節ソロをしてギターが4小節したら 4➕4で 8なので

8小節進んでいますんで、9小節目からドラムソロ またはピアノソロ

という具合。小節は、止まることなくずーと進行していきます♪

余裕を持って

楽しくバースできるといいですね(笑)

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です