オススメのギターアンプ【オレンジ色したOrenge】バンドで使うならこのギターアンプ!

store-g3eef7dafb_1920

ギターアンプは、色んな種類のものが沢山販売されています。

トランジスタアンプ、真空管アンプ、パソコン用ダウンロードアンプなどなど。

ブランドを上げればキリがありません!ローランド、マーシャル、フェンダー、ヒュースアンドケトナー、ヤマハに

ボックスなど。。。

メーカーによって音の個性も様々ですが僕のオススメメーカーがあります。

man-g9dca5d735_1920

中音域が最高のOrenge

 

イギリスの音響メーカーで『Orenge』というブランドがあります。

オレンジ色したアンプが特徴で オアシスのノエルギャラガー、レッドチェッペリンのジミー・ペイジも使っています。

日本人のギターリストもかなりの確率で所有している方が多いようです。

エレキギター用ギターアンプで重要になってくることは、バンドで演奏する場合

音が埋もれないか?音が前に出るか?です。

僕が最初にバンド内で埋もれやすいアンプナンバー1だなと思ったのは、マーシャルのどデカイギターアンプです

marshall-g540c71fdb_1920

低音が異常に出るので 激しいロックを一人や少人数で弾くの気持ち良いですが

かなり音作りを上手くしないとバンドでは、全く音が前に出ません。

音が聞こえないので音量のノブだけを果てしなく上げていくという恐ろしい爆音天国が待ち受けています。

 

音を前に出して バンド内で聞こえるようにするには

中音域がアンプで出るかどうか?が不可欠になります。

ミドルレンジとも言いますが、このミドルレンジを上手く作り出せるかが音作りの肝になってきます。

そこでミドルレンジが豊富に出せるのが『Orenge』のギターアンプになります♪

 

楽器屋さんに置いてあることが多いOrengeのギターアンプ。

もし、試奏する機会があれば是非とも弾いてみてください♪

中音域にグッとくるものがあるはずです!

 

ということで

オススメのギターアンプ【オレンジ色したOrenge】バンドで使うならこのギターアンプ!

のご紹介でした!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です