ギターやウクレレの上達に必須!メトロノーム活用法【表でとるか?裏でとるか?】

2021-09-02 0.08.20

リズムの練習は、地味で面白みがない為  後回しにされがちです♪

しかし、ギターやウクレレの上達の為には必要な練習になるため 避けては通れません。

そんなリズム練習の定番アイテム『メトロノーム』

メトロノームの活用法も様々ありますが今日は、

定番のメトロノーム活用法のご紹介です♪

guitar-756322_1920

 

一般的な仕様法 『4分打ち』

 

ギターやウクレレで使うメトロノームの一般的な使用方法は、4分打ちです。

image1 (11)

4分音符を感じながら 曲やコードを弾いていきます♪

 

どんな曲もこの4分に合わせて違和感なく出来れば一人前とされています。

一定に弾くという事は、人間にとって大変な作業になりますので、

あるレベルになるまで練習量が必要になります。

 

定番裏メニュー裏打ち

 

メトロノーム活用法の定番裏メニュー『裏打ちです』

紙に書いて説明するとこのようになります。

image2 (9)

メトロノームを2拍目と4拍目に鳴らしていきます。

入り口が間違えと1拍目になってしまうので、とりあえずは入り方が重要です。

このようにピッとメトロノームが鳴ったのを確認してから1、2、3、4と

入っていきます。

まるで大縄跳びの入り方と似ています。待てば間違えるし、入るのが速くても間違えるという。

感覚勝負です♪

 

裏打ちをマスターすればかなりいい感じで、誰とでもギターやウクレレで合わせる事が出来るようになるので

一般的な4分打ちと裏打ち両方マスターしたい練習法です♪

 

ということで今日は、メトロノーム活用法

ギターやウクレレの上達に必須!メトロノーム活用法【表でとるか?裏でとるか?】の

ご紹介でした!

明日も頑張りましょう〜!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です