ギブソンギターの【ハードケース問題】これは、焦ります。。。

guitar-1259451_1280

最近は、めっきりハードケースにエレキギターやアコースティックギターを入れて

来る人が減っています。

主流派は、軽量のソフトケースやセミハードケース(ハードケースとソフトケースの中間)です。

ケースの重量が軽いと持ち運びが楽チンです。

 

先日 生徒さんが ギブソンのエレキギター(ギブソンのギター本体も重量はヘビー級)をハードケースに入れて持ってきていたんですが

様子がどうも おかしいんです。

 

ギブソンのハードケース問題

生徒さん

『ガチャガチャ!あれ!ガチャガチャ!あれおかしいな。。。ガチャガチャ』

 

僕『どうしたんですか?』

 

生徒さん

『なんかケースが変です』

image2 (2)

ハードケースが開かないんです!

 

ギブソンのハードケースは盗難対策でナンバー式のロックがかけれます。

いつものナンバーにしても開かない!!

 

 

困った時は、Google検索!!!

 

どうやら、出荷時は

ロック式のナンバーが『000』

らしく、困った時は

『000』に合わせてね!!とのこと。

 

よし!これで大丈夫!!

 

『ガチャガチャ!あれ!ガチャガチャ!あれおかしいな。。。ガチャガチャ』

 

開きません!!!!

どうやら、かなり古いハードケースだったのでロックしている金具が

老朽化で壊れているようでした。

 

その日は、ギブソンのエレキギターを使うのは諦めて

教室に置いてある貸し出し用のエレキギターを使ってもらうことに

 

他の開け方は、ギターの弦をロックしてある金具に差し込んでナンバーを確認しながら

カチカチ回していくという 泥棒顔負けのやり方もあるらしいのですが、、大変です。

 

結局は

ペンチでガキガキして力づくで開けてもらいました♪

image1 (1)

ギブソンギターのハードケース ロック式は 古いタイプは用心が必要です。

 

これがライブ前とかに起こったらと 想像すると

ゾッとします。。。。怖いですね(=。=)

ギブソンギターの【ハードケース問題】でした。

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です