出来ない病

kiokuryoku

どうやら出来ない病というのが、日本の文化の中にあるようです。

『こんな感じで弾いてみて!』といってみたところ

「出来ない出来ない」との返事が返ってきました。

 

諦めなきゃ出来るからやってみて〜っと自分で言いながら

 

とある 学生の生徒さんが親に自分の夢を打ち明けた時の話を思い出しました。

『できるわけないからやめとけ』

っとお母さんに

止められたそうで、、

そのあと早々にその夢を諦めたそうです。

 

僕も中学生の時に親に 俺バスケのプロの選手になるっといったところ

『そんなのなれるわけないでしょ!』

っと怒られた経験があります(笑)

 

まさに出来るわけない病(>。<)

 

でもこの前テレビを見ていたら

この前アメリカでアカデミー賞をとったメイクアップアーティストの

辻一弘さんがこう言っていました。

 

『自分の叶えたい夢があったなら、誰の言うことも聞いてはいけない。

自分の人生は、自分の責任で切り開いていくべきだ』

 

と。

学生の時は、わからなかったんですが僕も今は子供がいるので、親の気持ちが少しづつわかってきました。

自分の子供には

失敗だらけの惨めな人生は 歩ませたくない という親心。

 

この守ってあげたい気持ち。

 

しかし、どうやら根本的に著名な人たちの言葉は違うようで

『一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である」

アルバート・アインシュタイン

 

アップルのスティーブジョブスの名言で

 

『ステイ ハングリー ステイ フーリッシュ 』

ハングリーな気持ちを持ち続け バカになれ。

 

 

とまあ こんな感じで沢山の人が失敗するかもしれない挑戦は最高だよ〜っといってるわけです。。。

 

なるほど。。。もう答えは出てますね〜♪

 

出来ない病の治療法は、偉人たちの言葉みたいです。

挑戦&失敗最高(>。<)出来るできる!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です