回れ右!って言ったら後ろ向く人

ibunnka

ギターには、ジャンル別に定番フレーズというのがあります。

ブルースの終わりのフレーズ。ジャズの終わりのフレーズ。ロックでありそうなフレーズ。

などなど。。

 

教室で言ってる僕の口癖にもフレーズがあるようで

「ギター(ウクレレも)は、余計な事をすればするほど 上手く見えるんで~」

とよく言ってます♪

 

そんな事を言っていたら

生徒さんから「義務教育の時とか学校では、余計なことするなって言われてきてますよね?」

っと指摘されました。

 

そうなんですよね(汗)

学校では、なるべく集団の中でみんなに紛れて同じことをきちんとすると

先生から評価されるんですけど

音楽の場合は、真逆で、

よりみんなと違う事をして個性を出して 面白い演奏をしていくかで自分の価値を高めていきます。

(基本を大事にしながら)

 

アドリブで弾く時や 曲にアレンジを加える時、ほぼ自由なので

その曲に何を付け加えると カッコよくなるかを自分で考えて

結果的に良い感じになればOKという感じです。

 

なので楽器を弾いていくと 親や学校の先生達が言っていたことから

ずれていくことに気づいてきます。

個性=自分の意味

みたいな。

 

更に学校や家庭では、安全な道ほど 良いとされる風潮がありますが

またそれも逆のような気がしてなりません。

失敗している人の方がより楽しく生きていけるんじゃないかな~っと

 

 

とりあえずミュージシャンは

誰かに

「まわれ~右!」

っと言われたら後ろ向く ぐらいの個性がちょうど良いですね♪

音楽と教育を照らし合わせるとまた違った視点で見れるので

これまた面白い♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です