必殺奥義 気にしない!

syugyo2

人前でギターを弾いている時、

機械的に無の精神で、特に何も思うことなく曲を弾き切ることが出来れば最高です。

ミスが極端に減るので。

でも、やっぱり僕たち人間です(笑)

余計なことがパッと出てきます。

 

余裕がなければ 音を追う事に悪戦苦闘しているので

次のこの音だな!っとか 次のこのリズムだ

っと考え。

 

余裕があれば ステージ上で弾きながら

「今日 この後 何食べようかな?」

っとか「そろそろ家に帰りたいな~」なんて

考える時もあります。

そんな時は、かなり練習してライブに望んでいるので

勝手に指が動いている感じです。

 

そして、もう最近はそんなに思う事はなくなりましたが

「かっこよく弾いてやろう!」っとか

「みんな自分を見ているから、感動させてやる」

みたいな 自意識過剰な気持ち。

こういうのは、不要のようです。

学生の時は、完全にこれを思って弾いていましたが。。。

どうやら、そこまで 観客の人は 注目してないという事実があったりします。

聞いてる人の記憶もあいまいで 例え演奏中間違えたとしても

みんな覚えていません。

弾いている本人は、ミスに落ち込んでいても(=。=)

 

じゃー気にしなくてもいいか。。。っと

そういうことに結果的になってきます。

「では、なぜ僕たちは なんのために?誰のために?人前で演奏するのか?」

っという問いが出てきます。

それは、「自分の為」

なんじゃないかと。。。

みんながそこまで 注目していないなら

自分が気持ちよく演奏出来ればそれでいい。。

 

自己中心的な考え方にも思いますが

自分が気持ちよく弾いている時

他人が感動している可能性があります。

なぜなら、そんな時は完全に演奏者が、

自分の世界に入っちゃっているからです。

 

人を感動させるキーワードは、「本気」「ガチ」「リアル」など

嘘偽りのない姿にあると思っています。

 

ということは、他人を気にしないで弾けると

おのずと良い演奏に繋がるということになるようです。

 

気にしないって難しいですけどね(汗)

 

必殺奥義!気にしない!!!

でした。。。。

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です