音程を矯正するのは、ピアノ打ち込み

image1 (4)

実はギターやウクレレには弱点があります。

それは,楽器によって音程の精度がまちまち。。

ギターの開放弦は、チューナーを使えば

ある程度合いますが、オクターブピッチ(開放弦以外の音程、ハイポジションに行けば行くほど

普通ずれていく)は

バスフェイトンチューニングシステム等

のチューニングシステムを搭載しない限り 完璧ではないです。

 

シンガーソングライターになりたい人が、通常のギターでギターを弾きながら歌の練習をすると

歌の音程がずれやすくなってしまうという問題があります。

なのでそんな時は、ピアノでメロディーラインを確認しながら練習すると

かなり効果的な歌の練習が出来ます♪

なので、教室ではシンガーソングライター希望の方には

こんな感じで、教室でピアノでメロディーを打ち込んだ後のカラオケに合わせて

練習してもらっています♪

 

レコーディングをして自分の声やギターを確認すると効率的に上達できます♪

 

 

 

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です