スケール使って【ギターリフ作り】アウトプットで体に音階を染み込ませよう!

audience-1867754_1920

先日、生徒さんから『スケールは、どうやって忘れないようにすればいいですか?』という

質問をいただきました♪

ギターでスケールを覚えたら、日常的に使っていくと忘れることがなくなります。

一昔前は、スケールを使ったリフ音楽というものが流行っていましたので、

リフを弾きながらスケールを覚えることも可能でした♪

最近では、めっきりリフ音楽を聴く機会がなくなったので寂しい限りですが

今日は、そんなギタースケールを使ってリフ作りに挑戦してみようと思います。

telecaster-4415178_1920

Eマイナーペンタトニックスケールでロックなリフ作り

 

ロックなリフを作ろうと思うので、ロックギターといえばキーがGmまたは

Emが多く使われます。

ですので、今回はEmペンタトニスケールを使用してみようと思います。

e-minor-penta1

パワーコードでリフ作り

Emペンタトニックスケールを使い5度の音を足してパワーコードの和音を作ります。

そして適当にそのパワーコードを並べればロックなリフの完成です!

誰でも気軽に作れますので、リフを作ってスケールを覚えるというのも楽しくギターを勉強するのに

オススメです♪

音源では更にサイドギターに少しEmペンタトニックスケールでカッティンを演奏し重ねてみました。

コードがEmペンタトニスケールでサイドギターもEmペンタトニスケールであれば

絶対に不協和音にはなりません♪

このようにロックなリフが完成しました♪

1980年代から1990年代ぐらいが日本でもリフ音楽が盛んにテレビやラジオから

流れてきていたので懐かしいですね。

 

最近では、電子楽器が主流となりつつあるので

エレキギターでリフから音楽を作ることが少なくなりましたが

リフ音楽は、ギターが大活躍するので やはりかっこいいです♪

 

インプットでスケールを覚えたらアウトプットでスケールを使いながら

リフを作ってみたりしましょう♪

結構楽しいですよ!ということで今日は、

 

スケール使って【ギターリフ作り】アウトプットで体に音階を染み込ませよう!

のご紹介でした!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です