【アコギとエレキギター、ウクレレの人】必須の豆知識 音階の認識

runaway-bruno

エレキギターやアコギ 、ウクレレの人は、弦楽器になります♪

中級者や上級者を目指す弦楽器の人は、実は音階を把握しておく必要があるんです。

 

ネック上の音階を知ることで 自分が今弾いているコードのコードネームの由来を

知ることができますし、コードを無数に覚えるヒントにもなるからです♪

 

ということで今日は、アコギ エレキギター、ウクレレの人必須 ネック上の音階紹介です!

アコギの人はこのように音階が見えると素晴らしいです、

4gVfGVLRRzuFGPE+M%Bhdw_thumb_757

『ギターの6弦と5弦の音階を把握しよう!』

とりあえずは、6弦と5弦の音階を知っておくと非常に便利です。

ギターは、6弦または5弦に主音と言われるベース音が 存在します。

なので、この低音の音階を知ってしまえばコードのネームの由来がわかります。

 

例えば

コードFの場合

bfQsMxY0QJ6zwO5oaGLnTg_thumb_758

6弦の音階がFなのでFコードという名前になります。

 

Fコードを1フレットずらせば

xEq588eTSdeCJFO0xW2Yyg_thumb_759

F♯というコードになります♪

 

そうです。

ずらすだけです!

もちろん

F♯を一つ右にずらすと

M5MhNlVzR6i18dPFs2NSrw_thumb_75a

Gになります!

ギターは、簡単です!こんな感じでずらすだけで12個のコードが弾けてしまいます♪

 

ちなみにウクレレも同じことが言えます

ので下のような音階は覚えておくと非常に便利です。

6LS6tnKLTqyqFEEqARrz6A_thumb_75b

ウクレレの場合は、1弦の音階を覚えておくと良いと思います。

セーハするコードを⒈弦の音階に沿って右にずらしていけば12個のコードが弾けてしまうからです♪

 

かなり上級者になってくると

冒頭のギターの音階が全て見えるようになります

4gVfGVLRRzuFGPE+M%Bhdw_thumb_757

が、このギターネックの音階 全て覚えながらジャズの曲 や スケール アドリブに挑戦すると

瞬く間に挫折してしまいます(過去にそういう人を見たことがあります)ので

音楽知識の詰め込みは、注意が必要です。

 

程よく少しづつ勉強することが いずれ大きな成果になってあらわれてくるので

地道に頑張りましょう(>。<)

 

過去の関連記事

ずらすだけで弾けるギターコード表 はこちらです♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です