【コードチェンジの裏技ここにあり】アコースティックギターのコードストローク極意!音が綺麗になります!

man-1937623_1920

ギターの裏技は、細かいものを探していくと沢山あります。

親指の使い方から、指先の当て方まで。ギター道は、奥が深いです。

今日は、そんな奥深いギターテクニックの一つ【コードチェンジの裏技】紹介です♪

これができればアコースティックギターの音が綺麗になっていきます。

image0 (3)

コードチェンジの極意

ギターのコードチェンジの際、ある特定のコード進行に

共通点ができます。指の動きです。

Cからのコードチェンジ

c-major-chord

コードCの場合、薬指が5弦にあります。

もし、次のコード進行がA♭またはFのバレーコードの場合、

薬指は、同じ5弦にあります。

afuraxtuto-chord

薬指が同じコード5弦にあるということは、その指を離す必要はありません!

なのでCから(A♭)or F の場合コードチェンジの際は抑えっぱなしでOKです。

 

弦を押さえたままに出来るということは、音を伸ばし続けることが出来るということなので

コードチェンジの際、音が切れずに綺麗なコードチェンジが可能になります。

 

Bmからのコードチェンジ

bm-chord

Bmも4弦に薬指がありますので もし次のコード進行が

FM7だった場合 共通の指が薬指で 弦も同じ4弦なります。

f-major-chord

なので薬指も動かさない方が綺麗に弾けます♪

 

このようにコード毎に共通の指 共通の弦を見つけることで

綺麗にコードチェンジが出来るようになります。

 

スタジオミュージシャンや凄腕のギタリスト達は

必ずこのような小さなテクニックを沢山持っています。

 

ギターテクニックを沢山身につけてカッコよくギターを弾いていきたいですね♪

ということで今日は、

【コードチェンジの裏技ここにあり】アコースティックギターのコードストローク極意!音が綺麗になります!

のご紹介でした♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です