こんな感じで3連符と16分音符を

dscf1895

中級、上級者になるとAマイナーペンタトニックスケールで

アドリブを弾かないといけない場面に遭遇したりします。

しかし、ペントニックスケールを知っていっても

リズムを完璧に把握して弾く事は、リズムの練習を前もってしていないと

厳しくなります。

発音の練習しないで 英語を喋れっと言われてる感じです(汗)

 

なので前もって リズムの練習をしておくと リズムがバッチリでかっこよく

ギターソロを弾く事が出来るようになります♬

 

良く使われる音符は

8分音符=メトロノームでピッの間に2つ弾く音符

3連符=メトロノームでピッの間に3つ弾く音符

16分音符=メトロノームでピッの間に4つ弾く音符

などが多く使われるので メトノームやユーチューブの下記のようなカラオケ音源

で練習してみてください♪

 

僕も試しに上のユーチューブのカラオケ音源を使って3連音符と16分音符を弾いてみました

(パソコンとギターを繋げてパソコン上のギターアンプソフトで真空管アンプをシュミレート。意外に音いいっすね)

「3連符」

 

 

「16分音符」

0フレットから12フレットまで使いながら、Aマイナーペンタト二ックスケールで休符なしで 音を伸ばすのも禁止で弾くと練習になります。意外と大変(~。~)

めざせ!アドリブギターマスター♬

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です