Cさて スケールは?

4月スタートです♪さぁ春もギターのアドリブ研究です(>。<))

イントロ  /C/C/C/C/ Xtime(ずーと繰り返し) 適当にアドリブしてね♪

っと書いてあります。

さて、、、何スケールを使いましょう?

良く使われる一般的なスケールは、Cメジャースケール(Cイオニアンスケール)

ドレミファソラシドです♪

さらに良く使われるのは、Cメジャーペンタトニックスケール

ドレミソラです。シとファをCメジャースケールから抜くとメジャーペンタになります。

この二つのスケールは、色んなジャンルで本当に良く使われます。

さらに、使われるのがCリディアンスケール(キーがGのドレミファを四番目の音から弾いたスケール)

Cのミクソリディアンスケールになります(キーがFのドレミファを五番目の音から弾いたスケール)

さらにそのCのミクソリディンにBの音を足すとCのビバップスケールになります♪

という事でとりあえずは、

Cメジャースケール、Cメジャーペンタトニックスケール、Cリディアンスケール、

Cミクソリディアン、Cビパップスケールと5個使えます♪5個あると結構多いですね(汗)

さらにさらに、ホールトーンスケール、コンビネーションオブディミニッシュスケール等なども使えちゃいますが、あまりにも選択肢が多いと迷っちゃいますんで

4~5個ぐらい選択肢があればいいかなと。。。(~。~)

でこのスケール達をアレンジやアドリブの時に使うことが出来ると以上に曲が色彩鮮やかになります♪知ってて損はしない、音楽理論!さて~ギターを楽しみましょう~♪

 

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です