アコースティックギターとエレキギターの最強リズムテクニック【足踏み】体でリズムを感じよう!

jogging

アコースティックギターやエレキギターが上手い人は、

リズムがバッチリな人が殆どです。

リズム感を養う時のアイテムは、メトロノームになりますが

更にリズム感を最強のする方法があります。

今日は、そんな最強リズムテクニック【足踏み】のご紹介です♪

performer-2511540_1280

体のどこかでリズム感じる

リズム感の育て方は、

メトロノームなどの機械と常に一緒に弾いていると知らない間に

研ぎ澄まされていくものであります。

ですのでメトロノームと聴きながらするとリズム感が養われますが

いざ、人前で演奏するときにメトロノームを鳴らすわけにいきません。

ですので その時に登場するのが

『足踏み』です。

リズムを感じる時に体全体を動かす人もいれば

顎を動かず人もいますが、オーソドックスなリズムの取り方は

足踏みが最適です。

足のどこを使うのか?

足踏みをする方法も何種かあります。

足全体を大きく上げる方法。

またはつま先だけでの方法。

かかと だけでの方法。などです

ギターは弾きながら弾いたり立って弾いたりしますので

長時間足を鳴らしやすいのがかかとになります

asibumi-guitar [かかと]で床を叩きながらギターを弾いていきましょう♪

また右足より左足の方が ギターのボディーが安定して演奏できますので

左足のかかとで メトロノームと同じように4分音符を刻みながら

演奏してください!

足を鳴らしながらギターをアドリブで弾いてみた

ギターは、コードストロークやアルペジオ、ソロなど

色んな弾き方はありますが、どんな奏法の時も足を鳴らしながら

練習すると効果的です。

試しに適当にギターでアドリブで足踏みしながらソロを弾いてみました。

足踏みは、最初右手や左手のつられて4分音符をキープすることが難しいです。

なるべく簡単な曲で足踏みをしながら練習し、

慣れてきたら、ギターアルペジオやギターソロなど難しい弾き方と共に

足踏みをしてください♪

 

この足踏みで培ったリズム感が必ずや、ステージの前で役立つ日が訪れます!

努力は、僕たちを裏切りません♪

確実にギターが上手くなります!

是非とも、足踏みをしながらエレキギターやアコースティックギターを弾く

癖をつけていきたいですね♪

 

ということ今日は、

アコースティックギターとエレキギターの最強リズムテクニック【足踏み】体でリズムを感じよう!

のご紹介でした♪明日も頑張ってきましょう♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です