久しぶりの衝撃エレキギター!【倒産した年のギター】は当たり年か?

image0gibson

11月に入り素晴らしいエレキギターを生徒さんが持ってきてくれました♪

本当に久しぶりの衝撃的なギターです。

倒産した年に製造されたES-335

 

image1-gibson

2018年製のES-335になります。

2018年といえばアメリカに本社を置くエレキギターの老舗ブランド中のブランド

ギブソンが破産申請をした年です。

現在では、規模を縮小し新体制で製造がされていますが

このギターは、なんと破産した年のギターです。

 

ビックリしたのは、ギターの音です。

異常なまでの音の粒!音の立ち上がりが素晴らしく、一瞬ビンテージギターなんではないかと錯覚する完成度です。

ビビりました、、、

 

もしかしたら、倒産に伴い従業員が大幅に解雇され

選ばれた職人中の職人のみで 生産されている可能性があります。

 

僕の経験上 ギターブランドは、ギターが売れれば売れるほど質が下がっていくというのが常です。

(知名度抜群のPとRがつくブランドはかなり音が最悪です。)

最初は、少数精鋭で製造されますが 知名度が上がるにつれて製造段階が細分化され

チェックも甘くなり、製造本数が多くなればなるほど音の悪いギターを作ってしまうという

悲しい方程式があります。

 

その悲しい方程式を倒産という奇跡が起き、作られたのが2018年製のモデルかもしれません。。。

ギブソンで一番高値で売買されるビンテージギターは1959年製のギターになります。

この年のギターもあまりに売れなく 製造本数が極端に少なくされた結果

ビンテージ業界の当たり年として 現在 家の値段ほどの価格で売買されています。

 

倒産したギブソン社は、狙い目かもしれません。。。

 

良いギターを弾かせて頂きました!ありがとうございます!

 

久しぶりの衝撃エレキギター!【倒産した年のギター】は当たり年か?の解説でした♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です