アコースティックギターの防音対策には【YAMAHA/SLG-200】がオススメです

yamaha-sairento2

今日は、生徒さんが定番のアコースティックギターを持ってきてくれました♪

アパートやマンションに住んでいるとギターを弾く人にとって悩み事があります。

『ギター騒音問題』です。

ギターを弾いている時に、いかに音を小さくして練習していくのか?

土地の小さい日本では、避けられない悩みです。しかし、その悩みを解決してくれるギターです!

acogi-guitar

アコギの騒音問題はサイレントがベスト

隣に住んでいる人から壁をドンドンされた経験がある人は、沢山いると思います。

ギターを集合住宅で弾いていると必ず壁を叩かれてしまいます。

しかし、全く叩かれないギターもあるんです!こちらのギターです♪

yamaha-sairent3

YAMAHA サイレントギター SLG-200

ボディーがほとんどないのがサイレントギターの特徴です。ボディーがないので生音が、かなり小さくなります。

エレキギター並みの音量です。

組み立て式になっている為 通常のアコースティックギターの3分の2ぐらいの大きさです。

テニスラケットを持ち歩く感覚に似ています。

ヘッドフォン端子とAUX(スマホの音を取り込める外部音源端子)チューナー、そしてイコライザー

さらにリバーブまで付いているという 至れり尽くせりのアコギです♪

yamaha-sairent4

音は、本物のアコギに似せた音質になっていますので 練習に差し支えないクオリティーです。

このギターがあれば ヘッドフォンをしながら楽しく家で騒音問題を怖がらずに

ガツガツ ギターが弾けそうです♪

メルカリで中古で5万円で購入されたそうです。

音の方は、こちらの動画で確認できます。

僕もガットギターのサイレントギターを持っていますがライブで何回も使っています。

 

YAMAHA サイレントギターの注意点

ヤマハのサイレントギターを購入された方は、弦高調整を行った方がいいです。

ヤマハから出荷された状態の弦の高さが なぜかわかりませんが どのサイレントギターも

異常に高く、低い弦高のサイレントギターの出会ったことがありません。

出荷の時にブリッジのサドルを調整してもらえると弾きやすくていいのですが。。。。。

そこは、サイレントギターの残念なところです。

 

しかし、部屋を防音工事することなくヘッドフォンをするだけで

好きなだけギターを弾くことができるので、メリットの方が沢山ある素敵なギターです♪

 

ということで今日は、

アコースティックギターの防音対策には【YAMAHA/SLG-200】がオススメです

のご紹介でした!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です