【エレキギターやアコギ】沢山間違えた人ほど上手くなるアドリブ練習【チョーキングポジション】のご紹介

dua-lipa-1838653_1920

エレキギターやアコースティックギターでスケールを覚えた人には、アドリブの練習をして頂いています。

最初の頃は、どうしてもヘンテコなフレーズになったりスケールの羅列になったりと

カッコ良くは、弾けませんが失敗を重ねていくうちに それっぽく弾けるようになっていきます♪

そして、うまく弾くコツや技のようなものを少しずつ習得していくのですが

エレキギターのアドリブで欠かせないのが『チョーキング』という奏法です。

今日はそのチョーキングのご紹介です。

woman-1379807_1920

 

 

よく使われるチョーキングポジション

 

チョーキングという奏法は、ギター弦を上にあげて音程を変える弾き方です。

この奏法取得すると かなりカッコ良くギターソロを弾く事が出来ます。

 

ロックやポップスで使われるEmペンタトニックスケール

2021-10-12 0.25.29

 

このスケール上でよく使われるチョーキングポジションになります。

Empenta-tyo-kingu1

 

このようにある程度チョーキングする場所を覚えておくと

安全にアドリブソロで使えるようになります。

 

 

適当に好きなフレットをチョーキングしてしまうと『一か八かの賭け』のようなソロになってしまい

安定したソロが弾く事ができないので チョーキングポジションの把握は、重要になります。

YoutubeのおしゃれなKey Emのカラオケ音源

に合わせて試しにチョーキングを多用して弾いてみました!

 

このように一度覚えてしまえば なんとかなるはずです(笑)

 

地道に練習してカッコいいアドリブソロが弾けるようになって頂けると幸いです♪

 

ということで今日は、

【エレキギターやアコギ】沢山間違えた人ほど上手くなるアドリブ練習【チョーキングポジション】のご紹介

でした♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です