【鬼チョーキング練習法】エレキギターで音感を鍛える

doremi-tyo1

エレキギターを弾く上で欠かせない感覚。それは

『リズム感』

そして

『音感』になります。

人間の感覚というのは、困ったもので日々 少しづつ刷り込ましていくと

研ぎすまされていくようです。

少しづつジワジワ鍛えて行く音感のトレーニングについて解説したいと思います。

 

ギターで音感を鍛えるトレーニング

 

エレキギターやアコギで音感を鍛える一般的な練習方法は

『耳コピ』

好きなギターリストを弾いているフレーズをそのまま真似る。

 

『チューニング』

ギターの弦をメチャクチャにしておいて そこから

耳だけでチューニングします。

 

『チョーキング』

エレキギターでよくやる奏法のチョーキングで耳を鍛えます。

音感が悪い人がチョーキングをすると2秒でわかります(汗)

歌の音程がとれない人と同じで、音程を外せば音痴と言われます。

 

チョーキングで音感を鍛える方法

 

スタジオミュージシャン御用達の練習方法。

それは、ドレミをチョーキング練習することです。

doremi-2021-02-22 23.44.10)

譜面のようにドレミをチョーキング弾いて行きます。

譜面通り弾いた音源はこちら

 

ピアノのみの音源はこちら(チョーキング練習時にご使用ください)

 

 

そこので重要になるのが

ピアノ等の音程がハッキリしている音に合わせてチョーキング練習することです。

 

チョーキングの音程があっていれば綺麗にユニゾンしますし

 

間違っていれば 気持ち悪い和音の出来上がりです。

 

 

このようにドレミで チョーキングを練習すると効果的です。

チョーキングなどで音感を鍛えると

歌の音程も良くなるという副産物もあるので弾き語りの方にも

実はおすすめです。

アコギでチョーキングすると指が痛くなるので

エレキギターで練習するのが良いです。弦が細いですの上げやすいです!

 

鬼チョーキング練習もあります

 

キーがCのドレミでチョーキングが出来たら

右に1フレットづつずらしてキーを半音づつ変えて練習するのも効果絶大!

その代わり。。。。かなり難しいです。

doremi-tyo1

音感は、リズム感 同様重要ですので鍛えておきたい感覚です♪

 

今日は

【鬼チョーキング練習法】エレキギターで音感を鍛えるでした♪

日々少しづつ頑張りましょう♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です