エレキギターで【ギターリスト別に手癖フレーズ】覚えて毎日速弾きの練習しよう!

DSCF2188

今日は、エレキギターの速弾きといわれる

速く弾く為の練習方法のご紹介です♪

現代の大衆音楽では聴く事がなくなってきた速弾きですが

30代以上の社会人 おじさん達には根強い人気のある奏法です!

 

速弾きのコツは、非常にシンプルです

 

練習方法 は 単純明快です!

毎日ひたすら繰り返す事にあります。ほとんど筋トレと同じです。

来る日も来る日も同じ事を繰り返します。

基本的には、メジャースケールとペンタトニックスケールを

いかに美しいフォームで そして正確にオルタネイトピッキングできるか?

が鍵になります。

 

そして基本はそのオルタネイトピッキングですが

やはりギターリスト別に手癖フレーズが必ずあります。

『あ!またこのギターリストこのフレーズ弾いてるよ!』

という場面がアルバムを聴くと何十回も出て来ます。

なので『困った時は、手癖だよね!』が合い言葉。

 

ギターリスト別手癖フレーズ

 

レーサーXやMr.Bigのポールギルバートやザックワイドは

基本的にペンタトニックかメジャースケールです

手癖は、このようになります。

image3 (39)

 

 

または

image2 (59)

 

 

そしてマイケルシェンカーなどの70年代から80年代のギターリストは

ブルージーなフレーズを速く弾く事が多いので このようなフレーズ練習も効果的です

image1 (81)

これらをメトロノームに合わせて速く弾きます!

速弾きギターリストの本物の音源に合わせて弾きたい方は

テンポ(BPM)160以上は、欲しいところです。

 

みんな大好きイングウェイフレーズはこちらです

inguuxei1

このフレーズは一曲に一回は出て来ます。

やはり合い言葉は、

『ソロで困った時は手癖だぜ』

です♪

このように好きなギターリスト別に手癖の定番フレーズを練習しておくと

その練習したフレーズが曲中に出て来た時は、

『ニヤリ』

と微笑んでしまう事 間違いなしでしょう。

 

 

本日はエレキギターで【ギターリスト別に手癖フレーズ】覚えて毎日練習しよう!

のご紹介でした♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です