ゴーストノートをギターとドラムで解説!

gost-note

今日は、幽霊の音

と言われている ゴーストノートをギターでおしゃれに弾く方法のご紹介です。

実はゴーストノートはギターよりもドラムでよく使われています。

まずはドラムでゴーストノートをわかりやすく紹介します

普通のスネアの音です。

ターン。。。ターン。。。ターンって感じでごくごく普通です

 

でこの音に ゴーストノートをつけるとこんなこんな感じになります。

ドロ ターン!ドロターン!!と言う感じで

ターンのスネアドラムの前に ドロ。。。っていう音が入っています。

これがゴーストノートと言われている音になります。

上手いドラマーになると頻繁にゴーストノートを出して、グルーブ感を増強していていきます♪

 

さて ではこのゴーストノートをギターで出してみましょう~。

ゴーストノートなしの普通の弾き方がこんな感じ

gost-note

 

そしてこのパターンにゴーストノートを足すと。。。。

 

gost-note

ドロロっていうのが各音の手前についてきてます。

×のミュート音を右手のピックで弾いて2弦音を右手 中指ではじきます。

 

更にゴーストノートを出しながらAmでコード&カッティングをするとこんな感じ。

より細かいリズムになって、黒人っぽい感じになります。

ファンキーな感じです。

 

ゴーストノートを知るとなぜここで ミュート音が入っているのか

意味が解るようになります。ゴーストノートの次に来る音が本命の音になるので

その本命の音を際立たせる装飾音符ですね~♪

ギターでこの音が弾けると聞いている人は何してるのかわからないので

不思議な音に聞こえるらしい。僕も知人のギターリストがゴーストノート出しているのを始めてみた時は

「何それっ!どうやってるの?」っとなりました~!

ということで

ギターでゴーストノートのご紹介でした~(>。<)

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です