1959年制Gibsonレスポールギターで弾かれている【マシマロ/奥田民生】手書き譜面三行!アコギでカンタンに弾けますよ

surprised-3355958_1280

びっくりするほど やる気のない歌詞が印象的なヒットソング『マシマロ』

〜気にしない〜というフレーズが出てくる曲ですが、どうしても気になるのが奥田民生氏 本人が使っている

エレキギターです!

知らない方に聞いて欲しい脱力ソングです。

 

使用されているエレキギターは、あの伝説のギターか?

 

エレキギターの中で伝説と言っても過言ではない ヴィンテージギターがあります。

それは、Gibsonの1959年に製造されたレスポールです。

1000本から1500本だけ製造された貴重なエレキギターですが

相場は、およそ2000万から6000万円とされています。

(1959年当時に買っていたら150万ぐらいだそうです。10倍から20倍に価格が上昇しています。)

 

それを恐らく『マシマロ』で弾かれている模様です。

更にそのマシマロという曲 ギターパートを書き出すと3行しかありません。

image1-masimaro

この人 『ふざけてんじゃないの?』と思わせるカンタン過ぎる曲ですが

曲後半でベンチャーズのパクリフレーズ出て来たりと ちゃんと構成されている

素晴らしい楽曲です♪

6000万円ギターで脱力で作られているようで 芸術性を感じるあたりが

奥田民生氏の凄いところです!

 

誰もで弾けそうな曲なのでアコースティックギター

でもエレキギターでもおすすめです!

 

1959年制Gibsonレスポールギターで弾かれている【マシマロ/奥田民生】手書き譜面三行!アコギでカンタンに弾けますよ

のご紹介でした!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です