エレキギターのリズム問題これで解決!【16分音符の色んなコンビネーション】オリジナル教材

software-development-gb311baf07_1920

先日 エレキギターの生徒さんから『アドリブソロのリズム練習をしたいんですが

どうすればいいですか?』との質問を受けました!

リズムの練習は、かなり重要です。しかし、どうしても後回しになりがちなのがリズムのトレーニングです。

音楽に対するリズム重要性は、6割以上と言ってもいいぐらいなので

今日は、リズム練習の為に【16分音符の色んなコンビネーション】教材のご紹介です♪

silhouette-gdbd140e5a_1920

16分音符でスケールを弾いていきます

 

このような教材を作ってみました。

Ampenta-16bu

①まずは、16分音符でAmペンタトニックスケールを6弦から順番に

規則正しく弾いていきます。

 

②そして次に16分音符と8分音符を混ぜていきます。

8分音符が混ざると長く弾いたり16分音符を短く弾いたりと忙しくなりますが

このコンビネーションは曲の中で頻繁に使われますので、このような練習がおすすめです。

 

③そして次に②の逆バージョンのコンビネーションです。

16分音符と8分音符の混ざり具合にも慣れて来ますね。

 

④最後に16分音と8分音符そして16分音符のサンドイッチ状態のコンビネーションです。

リズムが複雑になりますが、実は複雑になればなるほど音楽はかっこよくなります

カンタンなリズムほど、聞いている人が予測出来てしまう為 凝ったリズムの方が好まれます。

 

このように4通りのパターンを練習しておくと16音符のソロを弾く時に

非常に効果があります。

他にも3連音符のリズムやタイ(音符をつなげる)もありますので

様々なリズム練習をしておくと より完成度の高い曲の演奏やクオリティーの高いソロが

弾く事ができます!

地道に練習すると良いかと思います。

 

ということで、今日は

エレキギターのリズム問題これで解決!【16分音符の色んなコンビネーション】オリジナル教材

のご紹介でした♪

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

明日も頑張っていきましょう〜!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です