ギターで弾けるベースライン【ロックなベースラインとジャズのベースライン】自由自在にアレンジ可能です!

bass-guitar-1841186_1920

先日、生徒さんからベースラインをギターで弾きたいとの要望をいただきました!

ギターは色んな事が可能になる楽器です。

ベースとギターの融合というのも最近では一般的になってきました♪

今日は、ベースラインを弾きながらギターパートも弾ける奏法

のご紹介です。

birds-of-chicago-gd24b22ca9_1920

ベースラインを弾きながらギターパートも弾こう!

ベースは弦が4本の弦楽器ですが

ギターと音階が一緒なのでベースラインをギターで弾くことも可能です。

主にギターでベースを弾く際は、6弦と5弦を使います。

ジャズのベースライン

ジャズのベースラインは基本的に4分音符で構成されているので

非常に簡単です。

たまに跳ねた8分音符が出てきますがジャズの伴奏にに比べれば

簡単に弾けます。

some-day-bass-line1

ジャズスタンダード 『Some day my prince wii come』の

ベースラインを作ってみました。このように簡素な譜面になるので

少し練習すれば弾けてしまいます。

そして、ギターは6本弦がありますのでベースラインを弾きながら

コード弾くことも可能です。

上のTAB譜面にコードを付け足して演奏してみました。

このようにコードを入れるとおしゃれな感じと上手そうな雰囲気を醸し出すことができます。

おしゃれギターを弾きたい方は、ベースラインも練習して更にコードを付け足して

両方のパートを一人で弾けるように練習してみましょう♪

ギターを弾くのが更に楽しくなってきます。

ロックなベースライン

ロックギターでもベースラインを付け足してカッコよく弾くことも可能です。

ディープパープルの『Brun』という有名曲のリフに

ベースラインを付け足してみました。

bass-line-rock1

このようにベースも弾けると一人でロックバンドをしている感じがします。

ロックの場合は、マイナーペンタトニックスケールまたは マイナースケールが弾ければ

簡単にベースラインを作ることができます。

スケール練習をしておくとこのような恩恵を受けることができるので

ペンタトニックスケールやマイナースケールの練習も必須ですね♪

 

ということで今日は、

ギターで弾けるベースライン【ロックなベースラインとジャズのベースライン】自由自在にアレンジ可能です!

是非ともベースラインも弾けるようにして

ベースとギターの融合パートに挑戦してみましょう♪

面白い世界を体験できるかもしれません!

さて、明日も、地道にコツコツ練習していきましょう。

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です