エレキギターの難関【ポジション移動の練習】これで右へ左へ動いても大丈夫!

2022-02-11 23.58.18

洋楽のギターソロをエレキギターで弾いていると たまに出てくる困ったフレーズが

あったりします。3フレット辺りのローポジションで弾いているのにいきなり

12フレットに飛んだり!

『うおっと!』と弾きながら驚いたりしてしまうので今日は、そんなエレキギターの

ポジション移動を克服するための練習教材を作ってみました。

guitar-gf91d1b7b7_1920

これができれば外人独特のフレーズも大丈夫です

 

ギターソロ時にポジションを固定で弾く人は、ほとんどいません。

なぜなら、弾き手が同じところでずっと弾いていると飽きてしまうからです。

なので大抵は、徐々に右のほうに移動したりします。

しかし、いきなりハイポジションに移動するというギタリストも!

上手いギタリストは音のつながりが綺麗なので 聞いている方はポジション移動には気づきません。

ギターでポジション移動は、結構大変です。

ポジション飛びの練習

pojisyon-guitar

このようにポジションをピョンピョンと移動して行きます。

ローポジョンからハイポジション。そしてまたローポジションに戻り、

更にハイポジションに移動します。これをひたすら繰り返す事で、ポジション移動を克服する事ができます。

ポジション移動の注意点

練習時に注意点があります。

右へ左への大移動を繰り返しますのでその間 弦をこする事が多くなります。

ですので左手の指先がボロボロになるかもしれません。

やり過ぎには注意が必要です。指先がかなり硬いギターダコという皮膚になっている方は大丈夫と

思いますが、まだ指先が柔らかい人は指がヒリヒリするかもしれません。

お気をつけください。

 

エレキギターのギターソロを色んなギタリストが個性を出す為に

沢山の奏法を入れてきます!

大変 楽しい時間ではありますが 弾けるまでには少し時間が必要になる事がほとんどです。

日々少しづつ練習して ギターの達人になりたいですね♪

 

という事で今日は、

エレキギターの難関【ポジション移動の練習】これで右へ左へ動いても大丈夫!

のご紹介でした!

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です