日本を代表する【ギタリスト小倉博和さん】のギターフレーズを耳コピしてTAB譜面にしてみた【Progress/プロフェッショナルテーマ曲】

music-4525012_1920

エレキギターやアコースティックギターは、ジャンルによって求められる要素が変わってきます♪

ロックギターは、男気溢れる派手なギター!ブルースは、渋く魂のこもったギター!

ジャズは、臨機応変に弾くたびに変わっているアドリブプレイ!

そして、今日ご紹介する日本を代表するギタリスト小倉博和さんは、

ポップス界のスタジオミュージシャンの帝王といっても過言ではない有名なお方です♪

そのギタープレイを譜面に解説してみました♪

guitar-1259451_1280

5秒聞けばわかる一流ギターの証

あまりに上手い人は、数秒聞けば誰にでもわかるギタープレイをしてくれます♪

ギターと指が一体化したんではないかと錯覚する素晴らしさです。

NHKの人気番組 プロフェッショナルで有名なテーマソング

『Progress』

小倉さんの素晴らしいギターが満載の一曲です♪

progress-guitar1 progress-guitar2

耳コピをするとギター分析ができるので、好きなギタリストを味わい尽くしたい方にオススメです♪

小倉さんの素晴らしさ その1

日本を代表するスタジオミュージシャンらしく 1音1音の音の美しさは 本当に素晴らしいものがあります。

演奏スタイルから察すると クラシックの影響を強く受けています。そしてペンタトニックスケールを多用しながら

指で弾いている時もありますのでカントリーミュジックの影響も受けています。

 

小倉さんの素晴らしさ その2

やはりスタジオミュージシャンなので、演奏中のミスがほぼありません!

これは、物凄いことです!1時間から2時間ほど人前でスピーチをして一言も間違わずに

喋れるという事と同じになります。

それほどギターテクニックに余裕があり次の展開を読みながら演奏しているので

常に喋りながらでもギターが弾けるかもしれません。(音楽業界歴が長すぎて緊張の2文字がない可能性あり)

それほど ミスがないということは人間にとって 難しいことでもあります。羨ましい限りです。

 

小倉さんの素晴らしさ その3

ギターのアレンジが非常に美しいのも特徴です。

音楽の基礎でもあるコードトーンを意識しながらテンションコードを入れて

玄人の音使いをしています。

コードトーン以外の音を入れるには、渋い音の使い方を知っていることと

フレーズを知っていること この2点が必要になってきます。

もちろん、いつもメトロノームを聞いている環境下でのギターの仕事なので

リズム感は最高です♪

 

このように ギターTAB譜面に起こして分析してみました♪

音使いと音の美しさは、本人がギターを弾いている時に いつもそのことに気をつけているのか?

ということが現れてきます。

これほどの美しさを出す為には、普通は考えられないような異常な時間をギターに費やしているはずなので

頭が下がる思いです。

 

ということで今日は、

日本を代表する【ギタリスト小倉博和さん】のギターフレーズを耳コピしてTAB譜面にしてみた【Progress/スガシカオ】

のご紹介でした♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です