何度聞いても渋過ぎる!ジャズギターの神様ウェスモンゴメリー【Round Midnight】完全耳コピ譜面!

Wes-raund1

ジャズスタンダードの曲でバラード系になると有名な曲は、沢山存在しますが

今日ご紹介するジャズギターの神様【ウェスモンゴメリー】ラウンドミッドナイトは、その中でも激シブナンバーになります。

エレキギターギターのセミアコで弾くと心にグッとくるこの名曲。実は、ライブでするとあまりお客さんへの受けは、よくありません。

なぜなら転調が異常に多く、一般の方には少し難解な感じがするからです。

しかし、その難解さがジャズギターリスト達を虜にしているので ギターリスト達の大好きジャズソングになっています。

ウェスモンゴメリーのハモンドオルガンとの名演は、とても心地よくシビれます!

 

セロニアスモンク作曲 Round Midnight

 

ギブソンのL-5 CES というウェスのセミアコが歌いまくっております。

エンディングでホールトーンスケールを使っています。ヤバすぎます。ウェスモンゴメリーは、神様ですね。。。。

Wes-raund1 Wes-raund2

とこのようにもの凄い細かい譜割になっていますが根性さえあれば

譜面に興す事も可能です。100回単位で聞き直せば必ず微かに聞こえる音も聞こえて来ます!

たしか仕事の合間を使って2週間か1ヶ月ぐらいかけて完コピ譜面を作りました。

耳コピは大変ですが、耳のトレーニングに最適ですのでお暇な方は、ぜひともチャレンジして頂けると

不思議な音楽の世界を知る事が可能です。

 

ということで

今日は、何度聞いても渋過ぎる!ジャズギターの神様ウェスモンゴメリー【Round Midnight】完全耳コピ譜面!のご紹介でした。

イヤー本当にウェスモンゴメリーは最高です♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です