Swingギターソロのリズム練習【おしゃれギターに必須】3連を極めるものはおしゃれを制す?!

person-723557_1280

おしゃれなジャズやブルースのジャンルになってくると重要になってくる

リズムがあります!それは

『Swing』日本語でハネと言われるものです。

このハネが出来るとかなりカッコよくギターソロを弾くことができます。

今日は、そんなおしゃれにギターソロを弾きたい方にオススメな

【3連符の関係のリズム練習】のご紹介です。

birds-of-chicago-gd24b22ca9_1920

Swingハネの練習方法

跳ねたリズムの練習方法は、3連音符を極めることにあります。

3連符さえ体の中に染み込めば何を弾いても、Swingしてカッコ良いギターソロが弾けるようになります。

と言っても3連符の音符の種類は、限られているので簡単です。

ハネの練習TAB

hane-rizumu2

跳ねリズムの基本的なものは、TAB譜に記載されているものでほとんどになります。

もちろん、この音符プラス休符や跳ねていないリズムの4音符なども混ぜて使われますが

種類は限定されますので、なんとかなる雰囲気です。

体に染み込ませるというのが一番重要になってくるので

メトロノームを使ったり、ユーチューブのカラオケ音源を使い跳ねたリズムを

繰り返し練習していきましょう♪

試しに上の『FのJAZZ Blues』音源に合わせてリズムをSwingしながら適当に弾いてみました。

スケールは、Fのマイナーペンタトニックスケールを使用しています。

このように染み込めばハネたリズムや3連が出てくればOKです。

 

ひたすら音源に合わせて弾いたり

またはセッションをして楽しみながら上達していきましょう♪

 

ということで今日は、

Swingギターソロ練習【おしゃれギターに必須】3連を極めるものはおしゃれを制す?!

のご紹介でした♪明日も、地味に繰り返して練習していきましょう♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です