ギターリストにとっては、注意が必要な季節。。

DSCF2093

最近大分冷えて来ました。

こたつをすでに出したという人もいるみたいです!

 

この寒い季節は、ギター弾きにとってはちょっと注意しないとイケナイ季節です。

まずは。ギターのネックが反ります(笑)

あれっ!?なんか弦高高くなったぞ。。とか あれ?なんだか音が伸びなくなった。。

なんてことが多々ある季節。

湿度の変化で楽器のネックが動きますんで

そんな時は、調整が必要になります。。

 

一番やっかいなのは。。。手の痛みや腕の痛みです。

寒いのでいきなり速い曲やコードが難しい曲をすると腱鞘炎をひき起すので

入念にストレッチ体操後に弾いた方が安全です。

 

さらにイベントごとが増えてくるのでギターを立ちながら弾く練習をする人も多くなります。

立ちながらの練習は手をぐいっと前に出して弾いたりするので

これもまた腱鞘炎の危険が、、、、

 

ちょっと痛いな。。っと思ったら、一日休んでください。。。

っという僕も 少し腱鞘炎気味(笑)

 

テクニカルで速い曲はかっこいいですが、

体のメンテナンスも必須ですね。。。(=。=)とほほほ、、、、

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です