身近なギターと音楽

image3

大分に帰って来て、時差ボケでフラフラしていましたが(笑)

通常通り仕事をしています。

ふと アメリカと日本の音楽の文化の違いについて 考えていたりします。

 

日本では、ギターをうまい人を探すのが結構大変だったりするんですが

アメリカだと容易にギターがうまい人が見つかります。

駅のプラットフォームでギター弾いている人、サックスを吹いている人

バーやレストランでは、生演奏がアメリカでは当たり前。

日本では、生演奏をしているところは、稀にありますが。。本当に稀です。

僕もたまにレストランで演奏したりしますが、日本では稀の生演奏なので

「あれ。ここでギター弾いていいのかな?」

っと思う事もしばしば。。。

おそらく僕自身も 日本で生演奏の中 食事をしたことがないので

そんな心境になるんだと思います。

 

音楽家の技術は、環境によって左右されると言われていますが

やはりニューヨークだど簡単にハイレベルな音楽に囲まれることが出来ます。

毎日開催されるバーのセッションに行けば、上手なミュージシャンとセッション出来ますし

ご飯を食べに行くだけで、飲みに行くだけでレベルの高いミュージシャンの演奏を堪能できますし。

ライブは2000円前後で有名ギターリスト、ミュージシャンが見れます。

(日本では、考えられない値段です。大体1万円前後のチケット代)

image2

 

 

勉強する場としては、最適だと思います

 

が、いつもニューヨークやアメリカに行ける訳でもないので

いかに日常の中で音楽と親しむ時間と なるべく質の高いミュージシャンと接したり

ライブを見に行き 音楽文化に触れる事が重要だな~っとしみじみ感じています。

 

ひたすら部屋に籠ってでは、自分一人なので、なかなか成長する事は出来ないので

刺激を受けつつ、楽器も弾きつつ みたいな感じが良いみたいですね。

今回も文化の違いを考えさせられました。。。。

image1

(クリーム入れすぎなニューヨークのキャラメルフラペチーノ)

 

 

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です