ギターストロークは素早く!そして色んなスケール選択を

DSCF2188

実は、ギターで一番よく演奏される奏法。それは、ギターストローク♪

ギターやウクレレなどはコードを弾く機会が非常に多く。ソロを弾く機会の方が少なかったりします。

なので、今日は悪いストロークと

良いストロークの音の違いをご紹介しようと思います(>。<)

 

まず、最初に悪いストロークから

A7のコードを弾いているんだけなんですが、ストロークの振り下ろした速度が遅すぎて

ジュワリーン。。ジュワリーン。っと聞こえています。

 

ギターのコードは、単音がいくつもかさって 和音になりますので右手のストローク速度が遅いと

和音が分散して聞こえてしまいます。

 

で良いストロークが、これです

さっ。。。さっ。。っと右手を軽やかに素早く振り下ろすことによって

和音が一つの音に聞こえます。

 

なので、右手が遅い人は素早く振り下ろすことによって 引き締まったコードストロークになりますので

参考にしていただけると良いかと思います♪

 

そして、今日は、もう一つ スケールのお話です。

僕の教室では、よくA7の時に使えるAマイナーペンタトニックスケールと

Aメジャーペンタトニックスケールを覚えてもらっています♪

さらに、A7の時は、Aのミクソリディンスケールもよく使いますんで

3つのスケールが使えてしまう。じゃーこの3つのスケール 全部使っても良いのか?という話になったりするんですが。。

OKです!

スケールは、羅列を覚えてあとはガンガン使っていただけると体に染み付いてきます。

A7一発で3つのスケールと さらにコードもたまに入れてソロを弾いてみました

クロマチックとAのビバップスケールも入っちゃっているので(汗)

Aマイナーペンタトニックスケール。

Aメジャーペントニックスケール。

Aミクソリディアンスケール。

Aビパップスケール

クロマチックスケール

選択したスケールは5個になっちゃいましたが

違和感なく普通に聞けると思います♪

 

 

 

A7練習用カラオケこちらです

 

ということでスケールもストロークもガンガン弾いてしまいましょう♪

体に染み込むまで(>。<)

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です