泣きのギターは音程が大事?

ギター特有の奏法で チョーキング という弾き方があります♪

このチョーキングが決まると 思わずのけぞるような感情が高ぶる気持ちになりますが

失敗すると ずっこけたくなるよう気持ちになります(笑)

 

チョーキングの肝は、音程とピッキングの強さにあるんですが

この音程が ものすごーく難しいんです。。。。

 

自分の耳を頼りに弦を上げていくので その人の音感がもろにでます。

すべての人が絶対音感を持っていればチョーキングなんてチョチョイのチョイですが

大抵の人は、相対音感という今鳴っている音程を基準にして そこから音程の距離を感覚で

当てていきます。

 

本当に難しいので、チョーキングがバッチリの人はまさにチョーキングマスターです。

 

という事で、今日もチョーキングが入りまくっている曲をレコーディングしてみました♪

適当にコードを決めてピアノとベースとドラムを打ち込んで、あとはチョーキングでなるべく自分が仰け反りたくなるように

弾いたつもりです(笑)

こんな感じで

バッチリの音程になるように、チューナーをギターにつけて地道に練習したいですね♪

いやーチョーキング最高(>。<)曲中の感情表現に最適!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です