エレキギター【上手そうに聞こえる3種類のエフェクター紹介】

エレキギターはアコースティックギターよりも機材で音を

グレードアップすることが出来ます。

「もうちょっと上手く聞かせたいな~!」

「練習少なめで不安だから、少しごまかしたい。」

という方におすすめしたいギターエフェクターがあります。

今日は、【上手そうに聞こえる3種類のエフェクター紹介】

store-guitar-syusei

 

上手そうに聞こえる3種類のエフェクター

反響音を作り出す「ディレイ」

エレキギターを弾く時に簡単に上手そうに見せるエフェクターは

ディレイになります。

音が反響し反復した残像音を出してくれるので

少し間違えてもわからずに、音も異常に伸びるように聞こえるので

かなりのプロギタリストが使用しています。

ボスのディレイは、高品質で低価格なので使いやすいですね♪

またズームやボスのマルチエフェクターに必ず内蔵されているので

マルチエフェクターでディレイのみを使う人もいます。

残像音を聞かせる「リバーブ」

ディレイ同様、空間系エフェクターと言われます。

リバーブも上手そうに聞かせるためのギターエフェクターになり、

ギター音に残響音を加えてくれます。

ディレイと違い残響音が反復することはないので

お風呂場でギターを弾いているような感覚にしてくれます。

エレクトロハーモニクス社のリバーブは、かなり高品質です。

様々なリバーブの種類を選択できるので、ギターの音作りが楽しくなりそうです。

 

音がダブって聞こえるコーラス

音が何層にも重なって聞こえる効果を作ることができるエフェクターが

コーラスです。

コーラスをかけると原音がかなりわからなくなりますので

少し間違えても大丈夫ですね!

コーラスは、使う曲を選ぶのですべてのパートで使用することはできません

ここぞという時に使うと効果絶大ですので

このコーラスもギタリストがよく使うエフェクターです。

 

このように上手そうに聞かせることが出来るエフェクターは

空間系であることがわかります。

上手く空間系のエフェクターを使って、「あのギター弾いてる人上手かったね!」

と聞いている人に思わせたいですね!

ということで今日は、

エレキギター【上手そうに聞こえる3種類のエフェクター紹介】でした♪

明日も少しづつギターの練習をしていきましょう!

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です