エレキギター【禁断のオリジナル速弾きフォーム】指を負傷している方は【劇的に弾きやすくなります】

meditation

アコースティックギターやエレキギターは、絶対に真似をしてはイケナイ間違った弾き方

というものが存在しています。

それは、ジミヘンドリックの右利きなのに 間違えてギターを逆に構えてしまって

左利きのギタリストみたいになってしまった。という例や

明らかに間違ったピックの持ち方で、練習し過ぎて世界的なジャズギタリストになってしまった

パットメセニーなど。通常では考えられない みんなが真似しない弾き方です。

なんらかの理由で指が通常通り動かない人もいますので

そういう時は、【禁断のフォーム】が役に立ちます!

今日は、そんな劇的に弾きやすくなる【禁断の速弾きフォーム】のご紹介です。

telecaster-4415178_1920

禁断の激ヤバフォーム

 

通常エレキギターやアコギを弾く時、このように

親指をネックの裏に添えて弾くことが常識となっています。

oyayubi-sage2

Fコードなどのバレーコードを押さえる時は、親指をネックの後ろに添えて支えてあげたります。

それが通常のギターフォームです。

指が曲がらない人や負傷している人にオススメのフォーム

しかし、加齢や仕事上の事故、または学生時代のスポーツの影響で

指が曲がらない人や指が開かない人などがおられます。

そう言った方は、通常の弾き方をしても どうしても身体的な限界があります。

 

そんな時に【禁断のギターフォーム】の出番です。

なんと親指をネックに添えません!!!!

oyayu-sage1

こんな感じになります。明らかに普通の弾き方ではありません!

前から撮影するとこんな感じになります。

oyayubi-sage3

こんな弾き方している人、僕は見たことがありません

エアロスミスのジョーペリーは、ハイポジションになるとこのような弾き方をしていますが

いつもこの弾き方をしている人はまず、いません。

しかし、この弾き方は指が開かなくなった人には かなり効果的です。

今まで弾けなかったフレーズも、もしかしたらこれで弾けるようにあるかもしれません。

実践して速弾きをしてみました

親指をずっとネックから離し禁断のフォームでギターソロ弾いてみました。

こんな感じで指を速く動かすことも出来ます♪

 

なんらかの理由がある人だけにオススメするギターフォームなので

指が開かない人は、試してみると いきなりギターが上手くなるかもしれません。

 

ということで今日は、

エレキギター【禁断の速弾きフォーム】指を負傷している方は【劇的に弾きやすくなります】

のご紹介でした♪皆さんの音楽ライフの手助けができれば幸いです♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です