アコースティックギター上達必須の【今年のヒットオリジナル教材】

ma-tin-guitar

今年も沢山のオリジナル教材をギターやウクレレ用に作って参りました♪

13年間 毎日 教室でギターやウクレレを弾いていますが

今 必要な教材というのは、時代によって変わっていくようです。

より高品質で効率の良いものを作っていくには試行錯誤が必要ですが

今年 アコースティックギターでヒットしたオリジナル教材を紹介したいと思います。

thumb-g090157191_1920

カンタンそうで難しい基本奏法

 

アコースティックギターでよく使われる奏法は、いたってシンプルなものがほとんどです。

エレキギターのように両手タッピングしたりするような派手な奏法は、あまり見る事はありません。

ストロークとアルペジオさえ綺麗に出来れば

もう上級者といっても過言ではありません。

 

アコギの落とし穴

 

カンタンそうな基本的動作が多いアコースティックギターですが

実は、見落としがちなことがあります。

それは、

いかにして綺麗に弾くか?

です。

綺麗に弾くという動作は、かなり奥が深く カンタンなアルペジオでさえ

気を抜けば音が汚くなり、リズムもズレ、音も伸びません。

なので基本的なアコースティックギターの動作を練習するオリジナル教材を今年作りました♪

sutoro-ku-arupe1 sutoro-ku-arupe2 sutoro-ku-arupe3

この三つのストロークとアルペジオの練習は、カンタンそうですが

非常にスキルアップに繋がります♪

地道に練習していくと来年のどこかの時期に 自分のギターから出てくる音が

去年と違う音色を醸し出してくれます。

 

毎年思いますが、弦楽器のギターとウクレレって奥が深いので地味な練習が一番近道です。。

しかし、大抵の人は地味な練習をせずに メトロノームもつけずに

なるべく曲だけを練習したくなるという

性(サガ)があるようなので、これは難しい問題ですね(笑)

 

 

ということで年越し前の

アコースティックギター上達必須の【今年のヒットオリジナル教材】でした♪

無料体験実施中!
まずはお試しでも結構です!一度、体験してみてください!
中村ギター教室では、あなたのレベルに合わせたマンツーマンのレッスンで、
初心者から上級者まで、 あらゆるジャンルのギターレッスンを行います。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です